小池百合子IOC案に猛反発で東京五輪の東北開催を提案!?そもそも五輪を夏にする意味は!?

10月25日にIOCの調整委員長のジョン・
コーツ副会長とマラソン札幌開催案
をめぐって緊急対談が行われたとか。

その中で、マラソンのスタートの時間
を午前6時から午前3時へという話がで
たと新聞で報じられました。

まだ、夜ですよね。

ボランティアは参加できるの?と
不安がよぎります。

がさらに驚きの案が。。。

どもCafeMatrixです。

ここへ来て小池百合子が迷走して
いるようです。

なんとIOCの札幌案に藩閥して、
ついには東北開催案を提示した
とか。

ここまでくると、よっぼどICO
案を飲むのが嫌なんですね。

それにしても東北開催なら予算
も今からかかりそうですが、
そんなこんなでオリンピック
マラソンの開催地問題の続編
です。

その前の経緯について知りた
い方は、こちらもどうぞ。

小池百合子はどこへ行く?さすらう東京五輪マラソン。東北開催案も。

出典:https://biz-journal.jp/

小池百合子はよっぽどIOCから
札幌開催を言われたのが気に
食わないのか、IOCに対して
食い下がっているようです。

IOCに対して、「開始時間を
東京で午前5時以前に前倒した
案と札幌案を比較したか」
とか
「復興五輪の観点からする
と東北被災地も検討比較対象」
などの質問しているそうな。

ここへ来て午前3時というの
もめちゃくちゃ無理があり
そうですが、それよりも
復興五輪っていまさら?
と思ってしまいます。

そもそも今まで復興五輪
のふの字も出ていないの
にここへきて東北開催な
んて、何をいまさらなん
でしょう。

もともとは、スポーツに
よって、日本を元気に変
えようということで誘致
したはず。

しかし、何百兆という予
算は被災地にの復興に使
われるどころか、東京の
工事費が値上がることで
建築資材費が高騰し、工
事の人手が不足。

もう8年も経っているのに
十分に復興できていない
し、地方を後にする人も
増えている状況です。

東北6圏と首都圏を対象に
実施されたアンケートに
よると、「「復興五輪」
の理念は明確か」の質問
に63.6%が「明確でない」
と答えているそうです。

さらには「復興に役に
立つか」の質問にも52%
が「役に立たない」と答
えている(2018年の
河北新報記事より)。

この段階で、復興五輪を
持ち出されてもという人
も多いようです。

バルセロナ/アトランタ
五輪メダリスト元マラソ
ン選手、有森裕子氏は
過去にラジオで東京五輪
を復興という思いでロビ
ー活動をしてきたのにと
残念さをにじませていま
した。

実際に震災地でcafeを作
り復興支援している渡辺
健や、明石家さんまなど
も震災地の人への気持ち
を心配していました。

東京都を飛び越え決定した札幌開催。IOCに反発する小池百合子。

出典:https://lite-ra.com/

小池百合子の立場に立っ
たら確かにここまでいろ
いろ対策を考えてきたの
にそれをひっくり返され
た無念もわかります。

しかも、その決定は東京
より先に札幌に連絡がい
ってたという噂なので、
酷いといえば酷いですね。

まずは筋を通せというこ
となのでしょうか?

東京五輪・パラリンピッ
ク組織員会もまずは彼女
に連絡が先でしょうに。

怖かったのかな~。

なので森喜朗は、IOCに
直接彼女と連絡しろと
言ったとか。

いやいやあなたも関係
でしょと思うのですが。

今朝放送のワイドショー
『とくダネ!』に生出演
した小池百合子は報道の
あった“午前3時スタート
案”は否定しているみたい
ですね。

“東北被災地開催案”に
ついては否定していなか
ったようです。

どうなるのでしょうね。

「復興五輪」なら最初から東北開催になぜしなかったのか。

出典:http://runner.sugo-roku.com/

IOCは酷暑対策が不十分
だとして開催地見直し案
を出しているわけですが、
具体的に振り返ってみま
しょう。

■東京都の酷暑対策案
・打ち水
・朝顔
・氷風呂
・日傘
・遮熱性舗装
・休憩所設置

この他にも店舗1階の窓
を開け冷気を解放する
などの案がいろいろと
検討されてきました。

少なくとも上記の日傘
までは、過酷な東京の
ヒートアイランド現象に
立ち向かえるとは思い
ません。

多分、海外の人からし
たら非科学的な対策と
映ったに違いないです。

またこの中で一番、効
果が期待できるのは、
遮熱性舗装ではないか
と思います。

確か、300億くらいの
予算をかけていたよう
です。(前の記事参照

8度は下がるということ
ですが観客のいる歩道は
そのままだそうです。

道路からの反射熱には
有効かと思いますが、
都内全域の外気温を変
る効果はないので疑問
の声もでています。

楽しみにしている人も
多いのですが、IOCから
したら選手に何らかの
事故が起こってからで
は主催者の責任が問わ
れるのを避けたいのは
当然です。

ここでよく夏の甲子園
も開催に比較されます
が長時間ずっと走って
いるマラソンと回ごと
に入れ替わってベンチ
に戻ってくる野球とは
比較にならないでしょ
う。

とにかく世界各国のト
ップアスリートの身の
安全を優先しなければ
ならないIOCの立場な
のですね。

英国のタイムズなどで
も記事で警告していた
ほど、海外でも話題と
なっていたそうです。

原点に戻ってそもそも夏の開催問題に無理は?放映権のためという噂。

出典:https://www.gettyimages.co.jp/

1963年の東京オリンピッ
クは10月の体育の日で
涼しい季節での開催で
した。

それがなんでこの夏の時
期が条件だったのでしょう。

これにはある噂がありま
した。

米国のTV局からみで決ま
ったというのです。

なんでも夏はMBAなどの
全米で視聴率の取れるス
ポーツ観戦番組が放映
されないオフシーズン。

そのため、番組のネタの
ない閑散期(つまり7~
8月)に視聴率のとれる
オリンピックを開催する
というのが開催条件で決
まっていたというのです。

世界的な企業がスポンサ
ーになる番組ですから視
聴率が見込める時期に放
映したいですよね。

ちなみに放映権料は米国
NBCで1200億、日本民放
は275億という試算があ
ります。

凄いですね。

ということで、これから
先の2028年ロサンゼルス
オリンピッック(7~8月
開催)までこの時期だと
決まっているそうですよ。

そうなると、開催するの
は国内の気候のいい地域
を前提に計画をたてなく
てはならないですね。

これから先、地球は温暖
化するとも言われていま
すので、開催場所の問題
は各国で議論を呼ぶこと
でしょう。

まとめ

今回はさらりとまとめます。

①IOCの決定というような形で頭越しに通達された小池百合子は、東北開催や午前3時スタートでごねている。

②もともと復興五輪の理念だったはずなのに、そう感じない人も多い東京五輪。今更の東北開催案なの?

③そもそもこの時期に開催はアメリカの放映権とのからみ?2028年までこの時期と決まっている

ということで推移を見守って、
皆はハッピーになれる結果に
なって欲しいものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする